おすすめグッズ

ジーナ式の搾乳機

ジーナ式の搾乳

ジーナ式では、母乳の供給を安定させるために
搾乳を推奨しています。
はるぽんには搾乳は不要でしたが、
別の目的で搾乳機を使用していました。
その様子をご紹介します。

搾乳機と、母乳のフリージング

さく乳機 母乳アシスト電動 First Class


公式ページ

メリット

  • 電池でも電源でも動く(持ち歩きも出来る)
  • 使い方が単純でわかりやすい
  • 手動よりもはるかに楽で効率的
  • 食洗器で洗える

デメリット

  • パーツが多いので、洗浄・消毒が面倒(食洗器を使わない場合)

母乳フリーザーパック80ml 50枚


公式ページ

  • 搾乳した日付、時間、量を書き込める
  • 衛生的
  • 冷凍で3ヶ月(推奨)まではOK

手動タイプでは、時間と労力がかかるので、
電動タイプのこちらを買って本当に良かったです。
フリージングした母乳は、
外出時に旦那に預けるときに使えて助かりました。

搾乳のタイミング

  • おっぱいの張りが気になった時
  • 乳腺炎になった時
  • 卒乳の時

次の授乳までにおっぱいが張って痛い時に搾乳していました。
生後3~4ヶ月の頃がピークでした。
特に夜間授乳が無くなった生後2ヶ月後半の時は、
痛みで夜中に起き、搾乳していました。
ジーナ式スケジュール

乳腺炎になった時は、
溜まった古い母乳を搾乳機で出してから
ぽんぽんに吸ってもらう工夫をしました。
ジーナ式スケジュール

授乳回数が減るタイミングで使用していたので、
1歳以降でも使用していました。
卒乳の様子

ジーナ式の本では、搾乳の時間帯まで決められています。
はるぽんは、それに縛られず辛くなった時に使っていました。

まとめ

完全母乳を目指しているならば
搾乳機はあった方が良いです。
母乳の出を良くする目的で使用しませんでしたが、
とても助かりました。
手動よりも断然、電動タイプをおすすめします。