おすすめグッズ

0〜3歳の室内遊びで飽きない知育玩具6選と感想

室内遊び知育玩具

長期休暇や自宅待機を余儀なくされた昨今、小さなお子様を持つご家庭は悲鳴を上げていたのではないでしょうか。長い雨が続く時期も、今日は1日ずっと公園に行けない・・・どうやって過ごそう・・・と頭を悩ませることってありますよね。

そんな時に手助けになる、子供が飽きずにずっと遊んでくれたおもちゃを実体験の感想と共に紹介します!

おもちゃを選ぶ基準

といっても、世の中にはおもちゃが溢れすぎていて結局どれを買えばいいのかわからない!

なんて方も多いのではないでしょうか。
なんとなく好きそうという感覚で買ってみたら見向きもしなくてすぐに処分した。なんてもったいなさすぎます。

そこで私が日頃意識しているおもちゃ選びの基準も紹介するので参考にしてみてください。

  • 与えすぎない
  • 短命より長く使える物を選ぶ
  • 口コミを調べる
  • 実際に子供と店舗に見に行く

たくさんおもちゃを与えたところで子供が興味を持つものって一部だったりしませんか?そういう時には、事前に口コミなどを調べて実際にお店に行って見せてみることをオススメします。

私も育児初期の頃はなんとなく見た目が可愛い等の理由で買い与えて、全然興味を示さなかったなんてこと多々ありました。そういう失敗を繰り返し、以上のような観点でおもちゃを選ぶようにしました。
部屋は散らかりすぎないし、結果的に経済的でなんです。そんな私が厳選して購入したアイテム達を紹介します!

ジャングルジムで室内でも体を使った遊びを再現


  • 4段あるので、成長しても長く使える(0歳~5歳)
  • 長い滑り台つき
  • ぶつかっても痛くない紙パイプ
  • 月齢に合わせて組み換え可能
  • シンプルなデザイン

シンプルなデザインのものが欲しくてコチラを購入しました。年齢に合わせて組み替えることができるので、うちでは10ヶ月の頃から使いはじめ2歳9ヶ月の今でも楽しく遊んでいます。

長い滑り台は幼い頃は少々急でしたが、今ではスーイスイです。気軽にポチできる値段でもないので、長く使えるような物を選んだほうが良いですね。

滑り台にトミカやプラレールをセットして、サーキットのように滑らせる遊びもハマっていました。

ストライダーの前段階にサンライダー


  • 1歳半から使用可能
  • 3輪から2輪にトランスフォームできる
  • 舵取り棒で後ろから大人が補助できる
  • 3歳手前まで使える
  • オレンジ、赤、青の3色展開

コロンとした小さなサイズが可愛いさんライダーは、ストライダーより低年齢から使用可能。後ろから舵取りできるハンドルもあるので、無理なくサポートできて腰を痛める心配もありません
3歳手前までこれをしっかりマスターし、その後スムーズにストライダーに移行しました。ぽんぽんは公道ではない家の周りや公園に持って行ってたくさん練習しました。

レゴデュプロは基礎版とセット買いが原則


 

  • 男の子2体、女の子1体
  • 猫1匹、小鳥1羽
  • 電車4体
  • 0〜9までの数字が書かれたパーツ

色々バランスよく入っているこちらのセットを購入しました。これでこのお値段はおトクじゃないですか?!

ブロックで遊ぶときは電車が含まれていると絶対楽しい!という旦那からのアドバイスを元に、動物も人形も電車も入っているこちらのセットを購入。狙い通り、ぽんぽんは電車に人形や色んなブロックパーツを積み重ねて遊んでいます。

レゴデュプロは、あの有名なLEGOの赤ちゃん版です。サイズがだいぶ大きいので、手先がまだうまく使えない小さな頃から使えます。我が家は2歳半ぐらいで通常のレゴにステップアップしましたが、デュプロの方が使いやすいようでこっちの方を進んで選んでいました。

集中力や創造力、達成感を得る最強の知育玩具だと思います。

こちらの基礎版があるのと無いのでは創造性が全く異なりますので、一緒に買うことをオススメします。


木の感触が気持ちいWoodyPuddyおままごと

一緒にいる時間が長い母親の行動をよく見ているぽんぽん。私が包丁を使って料理をする様子が面白いようで、たまに一緒にキッチンに立つことも出てきました。

ぽんぽんは細かいものを観察して、その仕組みを理解しようとしたり触ったりして遊ぶことが大好き。これはきっとおままごとのような細かいものが多いおもちゃも好きだろうなと思っておもちゃ屋さんに連れいてくと大ヒット!

サラダセット


ひととおりの野菜と、包丁、まな板、珍しいピーラーもついています。

ぽんぽんは私がにんじんやジャガイモの皮を剥くのを見て、真似するのが大好きなのでこのセットを購入することにしました。

 

焼き魚セット


和食セットも面白いと思って購入しました。焼き魚はきちんと3枚下ろしにできるようになっていて、ぽんぽんの大好きな納豆もついています!お味噌汁とご飯もあって、立派な夕食メニューが出来上がります。

プラスチックの物より木の感触が気に入ってこちらを購入。マグネット式なので、マジックテープのように劣化してケバケバになってくっつかなくなるなんて心配もありません。

知育にはこれ一択!公文のジグソーパズル


  • 月齢に合わせてステップアップできる
  • 対象年齢1歳から
  • 2歳以降は絵柄が3種類から選べる

2歳半でジグソーパズルを初めて買い与え、どハマりしています。最初はできないものの、できるようになっていく過程がとても楽しいようで、「できたよ!!!」と嬉しそうに見せてくれます。

ステップは1歳のステップ0からスタートします。


この中に4種類パズルが入っていて最初は2ピースで、3、4、6とピースが増えていき次のステップへと進みます。

ぽんぽんは2歳半から開始し、ステップ2(対象年齢2歳)の9ピースからやらせました。


そこから徐々にステップアップし、4ヶ月でステップ4(対象年齢3歳)の54ピースまでできるようになりました!

すごい成長ですよね!子供の集中力や達成感、指先の器用さが育まれて大人も一緒に楽しめてオススメです。

持ちやすくて汚れにくい三角のクーピーでお絵かき


 

  • 転がらない
  • 持ちやすい
  • 汚れにくい
  • 12色セット

クレヨンって子供に持たせると爪の間にグニュって入ったり、間違えて床に書いてしまったり何かと気を使いますよね。
そんな時に便利なこちらの三角のクーピー。三角の形状が持ちやすく、太いので折れる心配もありません。
クーピーを使ったことがある方ならご存知かと思いますが、床や他の素材に色移りしにくいのも親としては嬉しいですよね!今はこんな便利なものがあるのかーと感心しました。

まとめ

ぽんぽんが好きなおもちゃはまだ他にも、トミカやプラレール、ぬいぐるみとごっこ遊びといったものもあります。今回紹介したおもちゃたちは知育目的、運動目的といった観点から厳選してみました。

室内保育が続くと親たちも大変ですが、今は文明の力が優れていて助かりますよね。

子供の成長を楽しみながら、親も一緒に楽しく遊んじゃいましょう!室内