おすすめグッズ

仕上げみがきはいつから?フッ素は必要?絶対おすすめの歯ブラシと、赤ちゃんの歯のケア

赤ちゃんの歯

個人差はありますが、生後6ヶ月頃から歯が生え始めます。
ぽんぽんは、生後7ヶ月直前で下の歯、
10ヶ月には、上の歯も一気に4本出てきました。

はるぽん
はるぽん
そろそろ歯のケアしたほうがいいかな?

他に気になることもあったので、
小児歯科医へ相談に行きました。
そこで教わった歯のケアについてご紹介します。

赤ちゃんの歯のケア

乳歯を大切にすることで、その後の永久歯も強くなります。
歯のケアは、乳児の頃からしっかり行うと良いそうです。

用意するもの

目的が2つあります。

  • 歯ブラシに慣れてもらう
  • 仕上げ磨き

目的ごとに使用する歯ブラシを選びます。

購入品

<歯ブラシに慣れてもらう目的>

ピジョン 乳歯ブラシセット 前歯が生え始める頃から(6~8ヶ月)
自分で磨くトレーニング


  • 3本セット
    (①歯固め用 ②口に入れて慣れる用 ③歯ブラシ)
  • ブラシが柔らかめなので、仕上げ用には向かない
  • 口の奥まで入らないようにストッパー付き
  • 歯固め用、慣れる用はシリコンで痛くない

こちらの、③歯ブラシで磨いていましたが、
柔らかすぎて磨けているのか疑問でした。
これは自分で磨く感覚に慣れさせるための物でした。

②口に入れて慣れる用の物は、長さがあるので
ストッパーを装着して持たせてあげます。

②で慣れさせて、③に移行するのが良いと思います。
①歯固め用は、歯が生える時期はかゆそうなので
噛ませていました。

<仕上げ磨きの目的>

マミー17s

  • ある程度の硬さがある
  • 毛束の密度が濃い目の物


別の仕上げ磨き用歯ブラシを購入していましたが、
毛束がスカスカで磨きにくくて、こちらに買いなおしました。
こちらは、ブラシ同士の密度があり、
赤ちゃんの小さな歯をしっかり磨いてくれます。

左側がマミー17sです。5束×3列+トップ2束。
右側は、4束×3列がずらして配置。
その差は一目瞭然ですね。

フロス

ライオン クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ


  • 耐久性
  • Y字タイプ

歯と歯の間の食べかすを除去すべきなので
フロスは必要です。
途中でブチっと切れない強い耐久性と、
指に巻き付けて使うタイプではなく、
Y字タイプが使いやすいです。

ライオン チェックアップジェル


こちらのバナナ味は、
フッ素含有量が月齢に適正な商品です。
他の味は、もう少し大きくなってから。
1日1回塗布し、30分は水分を取らない方が良いとのことです。

虫歯ケアを徹底することで、乳歯の寿命が長くなり
その後の永久歯も強くなるそうです。

正しいみがき方

  • 歯一本ずつ歯ブラシを動かす
  • 裏側も忘れずに
  • 上唇と歯茎を結ぶ線に、歯ブラシが当たると痛いので
    指で押さえながらみがく
  • できれば毎食後みがいてあげる
  • 時間が無い時は、お水を飲ませるだけでもOK
  • 嫌がる時は、大人の足の間にはさみ、手足をロックする

並んでいる歯全体で歯ブラシを動かすと、
歯と歯の間が磨けないので1本ずつが良いそうです。
これは大人も同じですね。

まとめ

赤ちゃんの歯のケアを習慣にすることは大切です。
最初は嫌がりますが、大人が磨くところを見せて、
根気強く続けていれば必ず習慣化します。
自分で気持ちよく磨けるように導いてあげたいですね。