おすすめグッズ

よく取れる鼻吸い機は?電動は必要?徹底比較!

鼻吸い機の必要性

赤ちゃんは自分で鼻水をかめません。
生後6ヶ月以降は、母親からの免疫が少なくなり
風邪を引きやすくなります。
ぽんぽんは、季節の変わり目の生後10ヶ月頃から
鼻水ズルズル・・・
鼻吸い機をいくつか試した時の様子を紹介します。

鼻吸い機の種類

大きく分けて以下の3種類になります。
最初は手動タイプを2つ使用し、
結局電動タイプ(据え置き型)を購入しました。
なので結論は、

はるぽん
はるぽん
電動の1択!

です。

それぞれのメリット、デメリットを紹介します。

電動タイプ(据え置き型

最終的にこちらを購入し、使用しています。

メリット

  • 吸引力が断トツ
  • お手入れが簡単

デメリット

  • 価格が高い
  • 持ち運べない

 

電動タイプ(持ち運び型)

電池式で、持ち運びに便利な形状です。
据え置き型より吸引力は劣ります。

メリット

  • 持ち運べる
  • 据え置き型よりは価格が安価

デメリット

  • 電池が減ると吸引力が劣る
  • 吸引力が据え置き型より劣る

 

手動タイプ

安価で薬局で手に入る手軽さが人気です。
サッと取り出せてすぐ使えるのも良いですね。

メリット

  • 持ち運べる
  • 価格が安価
  • すぐに手に入る

デメリット

  • パーツが細かく洗うのが面倒
  • 吸引力が弱い
  • 赤ちゃんの風邪がうつる可能性がある(吸引タイプの場合)

 

手動タイプ商品比較

丹平製薬 ママ鼻水トッテ


公式ページ

  • 耳鼻科医師との共同開発
  • 大人の吸う力を利用して、赤ちゃんの鼻水を吸い取る
    ※大人の口の中に鼻水が入ることはありません
  • 全パーツ取り外して洗える
  • 持ち運びが楽

鼻水が少ない時期・持ち運び用にはこちらで十分です。
作りが単純で、洗うのも簡単。
コツさえつかめば良く取れます。
しかし意外と肺活量を使い、何回も吸引します。
外での使用は、人目が気になるかもしれません。

チュチュベビー 鼻水キュートル


公式ページ

  • パーツが細かい
  • スポイトのような構造
  • 持ち運びが楽(鼻水トッテよりコンパクト)

鼻水トッテに比べて、
赤ちゃんの鼻の穴の奥まで管が入るので
すっきり感はこちらの方があるかもしれません。
しかし、かなり嫌がり手をジタバタさせ、
パーツがいつも取れてしまいました。

はるぽん
はるぽん
結局どっちがいいの?

どちらでも良いです
吸引力に差はない印象です。
それぞれ特徴があるので、
自分に合うと思う方を選んでください。

電動タイプ(据え置き型)が一番オススメ

吸引力・手入れが群を抜いて楽ちん

鼻水の量と、使用頻度が増え、
手動では間に合わなくなってきました。
毎回ぽんぽんとの攻防戦も大変なので、
思い切って電動を購入。
格段に楽になりました。

ぽんぽん
ぽんぽん
あれ?もう終わり?

と、一瞬なのでぽんぽんもストレスが減りました。

手動タイプはパーツを1つづつ外し洗うのに比べ、
電動タイプは、石鹸水を何回か吸引し
管の中に溜まっている鼻水を取ればOKです。

私が購入したのはこちら。
ネーザルアスピレーター ELENOA(エレノア)


公式ページ
医療機関でも使用されているそうです。

  • 耳鼻科で取ってもらう時と全く同じ吸引力
  • 一瞬でスッキリ
  • 設定が簡単
  • お手入れも楽
  • 置き場所を取らないサイズ感

これは本当に買って良かったです。
鼻吸いのストレスから解放されました。
気持ちいぐらいに取れます。

持ち運び型と購入を迷い、結局電動にしました。
家で使うことだけ考えたら、
吸引力にストレスを感じない方が良いと判断しました。
このように、それぞれの特徴を考慮し、
一番合うと思うものを選んでください。