おすすめグッズ

使いやすいお食事スタイランキング

お食事スタイの選び方

離乳食が始まる時から使用するお食事スタイ。
種類がたくさんあって、何を選べば正解か迷いますね。
使いやすかったと思うものをレビューを交えて紹介します。

選ぶ時の基準をいくつか考え、
豊富な種類の中から、
ある程度型を限定していきました。

  • 前掛けタイプ
  • 袖付きタイプ
  • 首の後のボタンで留めるタイプ
  • マジックテープで留めるタイプ
  • 後ろが調整出来るタイプ
  • ビニル素材
  • 布素材
  • シリコン素材
  • 折り畳めるもの
  • 食べこぼしキャッチ部分が立体的・平面的 etc・・・

この中から基準を設定し、商品選びを絞りました。

基準1 子供が嫌がらずに装着するか

つけ心地が硬かったり、首周りに不快を感じると
嫌がる赤ちゃんもいるそうです。
なので、初回に購入するものは

  • 軽い
  • 柔らかい

を重視して選びました。

最初に購入したスタイは、

ビニル素材
首当たりが柔らかそうなデザイン

でこちらを購入。


特にぽんぽん嫌がりもせず装着してくれました。
ところが手づかみ食べが始まる頃、
汚れが激しくなるので袖付きのものを追加購入。
ですが、

ぽんぽん
ぽんぽん
熱がこもって暑いよう

と、あまりお気に召さなかった様子でした。

なので、前掛けタイプのものに戻し、
ズボンは脱がせて
できるだけ長袖も脱いで食事を与えました。

ちなみに、よくあるこちらのスタイ

硬い形が柔軟でないので、
ベビーチェアーと机の間で突っ張ってしまい、
首がオェっとなったというママ友がいました。
もう少し大きくなって、椅子に座っても机との距離が保てる
1歳半ぐらいになれば良いかもしれませんね。
見た目も可愛くて購入を迷いましたが、見送りました。

基準2 メンテナンスのしやすさ

最初は量・回数も少ない離乳食が、
1日3回になります。
そうなると、毎回スタイを洗うのもかなりな手間。
なるべく汚れの落ちやすいものを選ぶと良いです。

となると、基準1でご紹介した
布製の袖付きタイプは適していません。
食べこぼしが染み込んでしまい、毎回洗濯するのは大変です。
気にならない方は良いと思います。

結果的に

  • ビニル素材
  • シリコン素材

の2択かなと判断しました。

結果的に基準1でもご紹介した、
こちらのアイテムは優秀でした。


ビニル素材で食べこぼしも染み込まず、
水でさっと洗うか、拭けば汚れが簡単に落ちるので最高です。

基準3 食べこぼしキャッチ能力

お食事スタイを検索して驚いたことがあります。
食べこぼしキャッチ部分が平面的なスタイがあること、です。

はるぽん
はるぽん
これだとキャッチできないよね・・・?

なので立体的なキャッチ部分のものを探しました。

やはりこちらのスタイがかなり良かったです。


お食事スタイレビュー

これまで紹介したスタイ以外にも
使用してかなり良かったものをご紹介します。
1歳半近くなり、それまでのものは使い古してしまったので
書い直しました。

メイクマイデイ シリコンビブ

これまで使用したものを超える、
さらなる良品と出会いました。
こちらです。


基準のすべてをクリアしていて、
かつ耐久性抜群です。
しかも、
  • 食洗機で洗える
  • デザイン豊富
これまでのものは、ビニル素材で薄くて軽い分、
最後の方はヨレヨレに。
立体のキャッチ部分も潰れ気味になりました。
でも、新しく購入したこちらに比べて、
持ち運びはすごく便利でした。
それぞれ一長一短あるかと思いますが、
両方とも良かったです!

bibsters 使い捨て(外食用)

シリコンビブは持ち歩きに不向きでしたので
持ち歩き用の使い捨てスタイを購入しました。


コストコでも購入できます。
60枚あるので、そうそう無くなりません。

食べこぼしキャッチ部分が、立体感が足りませんが
使い捨てなので良しとしました。

 

まとめ

選択肢の多いお食事スタイ。
自分で基準を決めて選ぶと
意外と答えは簡単です。
参考にしてみてください。