ぽんぽんな日々

1歳11ヶ月 絵本とおしゃべりの関係

ぽんぽん2語文がペラペラです。
うんちした
だっこする
バナナ食べる
などなど。
最初の言葉が出るのは遅めでしたが、
2語文が出始めたのは1歳10ヶ月になる頃。
少し早めな気がします。
特に気をつけたわけでは無いですが、
絵本の読み聞かせは好きでした。
お気に入りの

『どんどこももんちゃん』
『しろくまちゃんのほっとけーき』
『ぐりとぐら』

を持ってきて、読んでとアピール。
ももんちゃん!
と、積極的に渡してきます。
寝る前に、ベッドの上で絵本をめくっていることもあります。
その後姿がかわいいんです!!
近寄って、
『絵本読む?』
と聞くと、

『読む!』とすごく嬉しそうに返事をしてくれます。
読んでいる間は、ニッコニコで絵を見ています。
せりふも覚えているので、
大事なセリフは一緒に発したりします。
すごい成長です。
絵本は、色んな使い方ができるので楽しいです。
色や形、登場する物や動物の名前を教えたり、
オリジナルストーリーを聞かせてあげたり。
ただ読むだけでなく、抑揚をつけたり
工夫することで無限の可能性が広がるし、
言葉を覚えるのにも役立つのでいい事だらけですね。
1冊1,000円程度で繰り返し使えるので
コスパもよし笑
毎日読み聞かせていたわけでもなく、
出来ない日は1冊も読まない日もありました。
最近絵本読まないなぁなんて時期もありました。
それでも大丈夫でした。
こんな感じでゆるく、読み聞かせを継続していくと続くのかな。
明日は何読んであげよう?

またあした!