ぽんぽんな日々

1歳11ヶ月 甘えさせると、甘やかすの違い

イヤイヤ期特有なのか、ぽんぽんの性質なのか
わかりませんが、とっても甘えん坊です。
思う通りにならないと、絶対に引かないし、
癇癪まではいかないけど、奇声を上げたり
のけぞったりすごく抵抗します。
まだ言い聞かせても言う事聞かないし、
しつけは早いかなと思って、ある程度で見切りをつけて
こっちが折れる形で要望を聞いてあげています。
でも、旦那は、

『わめけば言うことを聞くと思ってわがままっ子になったり、
ひどいと引きこもりになったりする例もあるらしいけど大丈夫かな?』

と気にかけていました。

私も少し心配していましたが、
まだ小さいしある程度言い聞かせてもダメなら
折れるしか無いし、もっと大きくなったら躾けていけば大丈夫。
それに、引きこもりは、親が過度に甘やかしすぎたり、
きちんと子供に対して意見を言えないような家庭の場合
とどこかで聞いたことがあるから、
うちは大丈夫だと思うと
漠然と思っていました。

ですが、この前YOUTUBEの動画ですごく参考になるものを見ました。
保育士さんが上げている動画で、
甘やかしと、甘えさせるの違いについて述べていました。

甘やかしは、子供が期待していないところまで甘えさせること。
一方、甘えさせることは、小さなうちは特に重要。
親や、家族に、甘えたい時に拒絶されると、
安心して外との関わりを持てなくなってしまう。
だからどんなに小さな時でも、
親や、周りの家族が甘えられる安心な場所
という関係性を築くことが何よりも重要だそうです。
安心な場所があるから、外に向かって行けるし、
つまり、そういう子供は引きこもりになんてならない。

なるほどなぁ~!!!

と感心しました。
ですが、やはり大きくなってくる4~5歳ぐらいには、
躾けという形で善悪を教えてあげるのがいいタイミングだそう。

この動画を旦那にも見せたら、
安心していました。

育児は正解がなにかわかりませんが、
子供がきちんとした大人に育ち、
自立できるようにすることが親の役目ですね。
大変ですが、一番やりがいのある人生をかけた仕事ですね。

またあした!